ロボットの襲撃:労働法に改革は必要か?

先日開催されたハノーバー・メッセは主にロボット関連の内容だった。ロボット技術は現在、労働分野の情勢を大きく変化させている。

このように話すのは、労働法の専門家ゲルリンド・ウィッスキルヘン氏である。彼女によると、現行の労働法は現代の事情に適応させる必要があるという。

引用元

https://jp.sputniknews.com/opinion/201705103618424/

 

関連記事

ページ上部へ戻る