「ナンバーワン」が何人もいる会社は、人が辞めない

企業の経営者やマネジャーにとって、いい人材を採用し、定着させ、育て上げることは、将来的に企業の死活問題になりかねない最重要事項の1つといえます。

人材の流動化が加速する現代、企業には「人事への投資」が必要不可欠です。その上で、「個々の労働者の生産性をいかに上げていくか」という視点が、今後の企業経営のカギになると考えます。そのための妙薬が、「人事評価制度」の刷新です。

引用元

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/spv/1801/11/news012.html

関連記事

ページ上部へ戻る