テレビCMで顕在化した「名刺は誰のもの」問題 世代によって考え方に差も

その名刺を、当時は自分の「財産」として退職後も持ち続けたもの。次の職場、仕事で活かされることがあるからです。これまでの仕事ぶりから、次の職場でも接点が続き、新たなビジネスにつながることがあります。前職の会社からすれば、悩ましいことですが、これまでは大目にみられてきたことが多かったと思います。辞めた本人の努力でもあると会社も考えていたからです。

引用元

http://toyokeizai.net/articles/-/202363?display=b

関連記事

ページ上部へ戻る