部下に操られる残念な上司、2つのパターン

日本の高度成長時代は、「私の後についてこい」「私たちの時代はこのようにやったものだよ」と武勇伝や昔話をしておけば、それを聞いた部下たちもそれなりに結果が伴ういい時代でした。

ですが、今は先進国と言っても好況感を実感している人は一部の企業、業種の人だけで、多くの人は時代が変わったことに戸惑いながらこの10年を過ごしてきたのではないでしょうか?

部下育成、後輩指導。マネジメントと切り離せないこれらに頭を悩ませている人は少なくないのではないでしょうか? 特に昭和生まれと平成生まれの混在した職場では、退勤後のお酒を有効活用したコミュニケーションの場もどんどんなくなりつつあります。

引用元

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/022500005/092500044/?ST=smart

関連記事

ページ上部へ戻る