有能なのに困った部下のマネジメント術–他の社員と有益な関係を構築させるには

ITやエンジニアリングといった技術分野の幹部たちは、自分が統括する部門を動かすには、管理スキルやコミュニケーションスキル以上のものが必要だということを理解している。

高度な専門知識を持つ社員は、マネージャーにとって手のかかる存在になることもある。彼らは自分たちの技能の高さを自覚しており、その自尊心は自らの専門知識に裏打ちされているからだ。また、マネージャーのことを、ほかの方法では価値を創造できないので管理職に就いている事務員と見なす傾向も強い。

引用元

https://japan.zdnet.com/article/35048458/

関連記事

ページ上部へ戻る