「42歳が人生のゴール」ネスレ日本社長が伝えたい“仕事との向き合い方”

ネスレ日本社長の高岡浩三氏。神戸大学経営学部卒業後、外資系企業であるネスレ日本に新卒で入社し、生え抜きでトップまで上り詰めた高岡氏の仕事との向き合い方やリーダーシップ論は、今まさに現場で日々汗を流すたくさんのビジネスパーソンにとってより良い未来への大きなヒントになるだろう。

スポーツマネジメントを学んだゴルフ解説者のタケ小山が、ズバリ!高岡氏の“仕事術”に迫った。

引用元

https://www.houdoukyoku.jp/posts/16361

関連記事

ページ上部へ戻る