メンバーの「やる気の源泉」を見極めると、チームは動かしやすくなる!

「わかってくれない」とメンバーに思わせてしまうマネジャー

マネジメントにおけるコーチングのアクションは、マネジャーが業績などの事実を把握すること、マネジャーが解決策の仮説を立てること、マネジャーとメンバーとで方向性のすり合わせをすること、マネジャーとメンバーとで方向性の合意を形成することに分解できる。事実の把握には、固定観念の排除が必要だ。

引用元

http://a.excite.co.jp/News/economy_clm/20170803/Harbor_business_147956.html

関連記事

ページ上部へ戻る