給料より「パーパス」が勤労意欲を高める? ザッカーバーグも重視する重要事項

世界では、“会社が何のために存在するのか?”の「パーパス(Purpose)」を重視する考え方がトレンドだ。米国調査では、給与が下がってもパーパスが良ければ働きたい人が半数近くもいることが分かった。

そこまで会社で働きたいモチベーションを維持できる「パーパス」とは何なのか。あのFacebook創業者マーク・ザッカーバーグ氏も重視しているというこのパーパスについて探り、日本で広がる可能性を考えてみた。

引用元

http://a.excite.co.jp/News/smadan/20170717/E1499767565576.html

関連記事

ページ上部へ戻る