さらば長時間労働…「残業しない・させない」仕事術

日本の企業社会で半ば常識とされてきた長時間労働が、見直しの時を迎えている。電通の新入社員だった女性の過労自殺が社会問題となり、残業時間に上限を設けるなどとする政府の「働き方改革」にも影響しそうだ。労働時間の短縮は実現するのか。特定社会保険労務士の大槻智之さんに、企業、労働者それぞれの課題を挙げてもらった。

引用元

http://sp.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20161028-OYT8T50033.html

関連記事

ページ上部へ戻る