「稼ぐ」から「稼がせる」へ 出世の天井越える仕事観

会社で働いて給与を稼ぐ。このような一般的な感覚だけを持っている限り、出世の天井を超えることは難しくなります。

出世の天井とは、役職で言えば課長と部長の間、あるいは役員手前に存在しています。年収でいえば、中堅企業で1000万円、大企業だと1500万円から2000万円の間くらいにあります。あるいは、起業して成功できるかどうか、ということの出世の天井の一つでしょう。

会社が働いて給与を稼ぐ場所じゃないとすれば、どういう場所なのでしょう。

引用元

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO18862730U7A710C1000000?channel=DF180320167068

関連記事

ページ上部へ戻る