業務・マネジメントの見直しで生産性を向上させる

連載第6回となる今回のテーマは、働き方改革に求められる「業務・マネジメントの見直し」である。

「働き方改革」の目指すところは、大きく言えば「生産性の向上」といっても良い。だが、この「生産性」という概念、正確に理解されずに語られることが多い。

生産性とはインプットを分母に、アウトプットを分子に置いた数式で成り立つ(図1)。生産性向上を図るには、それぞれが何かを定義し、進める必要がある。

引用元

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50563

関連記事

ページ上部へ戻る