「上は現場をわかってない」と嘆くあなたへ 視点を変えれば認識の偏りに気づくはずだ

企業でよくあるのが「上司は自分のことをわかっていない」「上層部は現場を何も知らない」と、現場社員と管理職の人間が対立することです。こうした摩擦が起きるのは人間関係などの理由もありますが、現場の社員が低い視点でしかものを見ていないため、現場レベルでのメリットしか考えられていない点も見逃せません。

引用元

http://toyokeizai.net/articles/-/177354?display=b

関連記事

ページ上部へ戻る