ロボットが仕事を奪う「第5の波」 米国で1千万人が失業の可能性

ファストフード業界では既にロボットの導入が進み、機械がハンバーガーのパティをひっくり返すのも珍しいことではない。マクドナルドは年内に2500店舗にタッチスクリーンで注文が可能なデジタルキオスクを導入しようとしている。株主らはこのニュースを歓迎し、キオスク導入が報道された6月22日にマクドナルドの株価は一時、最高値をつけた。

「人件費の高騰がレストラン業界の収益を圧迫している。業界ではサービスやメニューのクオリティを落とさずに、いかにコストを下げるかが課題になっている」と元レストランチェーンのオーナーのAndy Puzderは語る。

引用元

https://forbesjapan.com/articles/detail/16746/1/1/1

関連記事

ページ上部へ戻る