仕事が速い上司の「0秒仕事術」ベスト3 なぜあの人のチームは成果が上がるのか?

自分の仕事がいくら速くなっても、チームで仕事をしている限り、ほかのメンバーの仕事のスピードに影響を受けることは避けられません。マネジャーであればなおさら、自分のチームをいかに動かしチームとして成果を出すかが腕の見せ所となります。

私は現在、超大規模で超困難なシステム開発プロジェクトを担当しています。そのプロジェクトで最後方に位置していた、日本と大連を合わせて200人の開発チームを引き継ぎ、1年あまりで先頭を走るチームへと変革させました。

引用元

http://toyokeizai.net/articles/amp/86645?display=b

関連記事

ページ上部へ戻る