ソフトバンク元社長室長が語る 「ソフトバンクで働くと必ず身につく 〇〇」とは?

「仕事が進まない」「今日も残業だ」「結果が出ない」……こうした問題を、すっきり解決してくれる手法がある。PDCAを超スピードで回す「高速PDCA」だ。ソフトバンクでは6万人超の社員がこの手法を使い、わずか30数年で8兆円企業を誕生させた。
「高速PDCA」はただ仕事の質とスピードを高めてくれるだけでなく、人の成長も高速化させてくれる。それは5つの力が身につくからだ。
9年にわたり孫社長の右腕として活躍した元ソフトバンク社長室長・三木雄信氏の話題の本『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA』から一部抜粋して紹介する。

引用元

http://diamond.jp/articles/-/119516?display=b

関連記事

ページ上部へ戻る