「はっきりしろ」 店長の仕事取り上げ、改革次々と

■元気寿司の法師人尚史社長(48)は入社後、若草店(宇都宮市)に配属された。

最初の仕事は炊飯でした。大きな釜が4つあって、多い日で5、6回転させます。コメが炊きあがると、おけに移し、しゃもじで酢を混ぜる。熱中症になってもおかしくないほどの暑さです。厨房から店内をのぞくと先輩社員がすしを握っています。早く表に出たいと思いました。

引用元

https://style.nikkei.com/article/DGXZZO16218440R10C17A5000000?channel=DF180320167083

関連記事

ページ上部へ戻る